神戸の上質インテリア専門店

ゾランヴァリギャッベ

ザクロス山脈のふもと大自然の中、遊牧民は羊を遊牧し、その毛を刈り紡ぎ、天然の色素(赤は茜、黄はザクロの皮、緑はジャシール、茶はくるみの皮、青は藍など)で紡いだ糸を何度も染め上げ、独自の感性でギャッベ絨毯を織り上げていました。2010年、ユネスコ世界無形文化遺産に登録されました。

茜のギャッベ

耐久性に優れた
最高品質の手織り絨毯
ゾランヴァリギャッベ

イラン南西部の山岳で5000年以上の歴史を持つ悠久の手織り絨毯ギャッベ。

春先の柔らかくしなやかに伸びた山岳の羊の毛を使い、草木染めで色を染めます。ゾランヴァリギャッベは100%自然の素材だけで作られます。

そして技術力の特に高い、選ばれたイランの織り子さんたちが、各々の感性で文様や柄を一本一本手で織り込みます。

2010年にユネスコ世界無形文化遺産にも登録された、歴史ある手織りの文化です。

カシュガイ族のキャンプ地を訪ねました

ゾランヴァリギャッベ絨毯の故郷

遊牧民のキャンプ地
イラン
ギャッベとは?

ギャッベはイラン西部のザクロス山脈から南部ファールス州の高原にかけて、古来から遊牧民が遊牧する羊たちの毛を刈り取り、つむぎ、糸を天然染料で染め、生活用品として織られてきました。

その文化は、遊牧民のカシュガイ族やルリ族などの民族によって脈々と継がれてきました。

祈り、願い、想いを文様にしてアートの様に大胆におおらかな感性で織り上げます。

羊の毛の特長

ザクロスの山岳の羊は、寒暖の激しい過酷な環境から身を守るため、寒い時は空気をたっぷり含みあたたかく、暑い時には汗を放湿する上質な毛が特徴です。

保温・保湿性に優れている上に通気性も良いので、冬はあったかで夏はさらっとしているのです。

さらに、上質なラノリンという油分をたっぷり含みます。 この油分が、ギャッベの美しい艶となり、防汚効果・防虫効果を発揮するのです。

山岳の羊

糸を紡ぐ技術

糸をつむぐ

熟練の女性は細くてしなやかな糸を上手に紡ぎます。 織りも紡ぎも母から娘に伝承されていきます。
※上写真は、訪問した際の様子です。

織り子さん

ゾランヴァリの織り子さん

女性たちは母や姉から教わりながら、16歳~50歳頃まで織ります。

ギャッベの代表的な文様はこんな風景から

糸杉

糸杉

生命の樹と呼ばれ、長寿や家族の健康を祈ります。

女の子

女の子

子宝に恵まれ、子孫繁栄を願います。

動物

動物

子孫繁栄や家族仲良く豊かな暮らしを祈ります。

ゾランヴァリは世界にギャッベを発信したギャッベの父

妥協のないゾランヴァリの品質

ゾランヴァリ
ゾランヴァリとは?

遊牧民手織り絨毯「ギャッベ」の生みの親であるゴラムレザ・ゾランヴァリ氏は60年以上前にギャッベに出会い、その感性と大自然が育むおおらかなアート性に魅せられ、世界に発信しました。

カシュガイ族やルリ族の高い織り技術に、天然染料や糸の品質管理を徹底し、絨毯界最高峰の名誉であるカーペット・オスカー賞を何度も受賞しています。

春の毛にこだわる

春先の毛

厳しい冬を越えた春の毛はしなやかで通気性・放湿性に優れています。

撚りにこだわる

撚り

しっかり均一に細く撚るのは限られた種族やグループだけ。

天然染料にこだわる

天然染料

天然の染料は、化学染料とは比べ物にならない味わいの深い色を出します。

染色にこだわる

染色

先人の知恵から得た染色方法を確立。色落ちがほとんどなく、その糸で織られたギャッベは使い込むほど美しい艶がでるほど。

織りにこだわる

織り

織り技術の高い種族、カシュガイ族やルリ族の女性が数ヶ月かけて織り上げます。

裏焼き

裏焼き

裏をバーナーで!余分な糸を焼き切り堅強にします。ギャッベは超難燃だからできるのです。

シャーリング

シャーリング

糸の長さをそろえ、柄をくっきり美しく。

洗いにこだわる

洗い

水と天然のせっけんで丁寧に洗います。上質な油分は残します。

干す

干す

強い太陽の光と熱でしっかり天日干し。3日程干して乾燥させます。

仕上げ

仕上げ

縦糸を丁寧に巻き込み、細かいメンテナンスでギャッベを仕上げます。

完成!

完成

このこだわりが、最高品質のギャッベ絨毯を作るのです。

最高品質を誇るゾランヴァリ社の最新を選定

ドイツ展示会とイランゾランヴァリ社にて
常に最高の作品を吟味・選定しています。

ギャッベ展示会
ページ上部へ
Copyright(c) GAZEBO All Rights Reserved.