インテリアブログproduct

お家の中のリフォーム希望が多い3選

おうちに長年住んでいると、あちこちメンテナンスが必要になってくるのは、当然のことです。

そうすると、リフォームをすることになってきます。

ある調査では、リフォームをしたい場所のtop3が水回り・床材・壁紙だったそう。

今日は、その3か所をリフォームする際に気を付けたほうがいい点をご紹介したいと思います!

水回りのリフォームを考える

シーガルフォー単水栓グローエ

リフォームしたい場所として、多くの票をあつめた水回り。

浴室、洗面台、キッチンなど、劣化が気になったり、使い勝手が悪かったりで、リフォームへの意識が高い場所です。

また、毎日使う場所ですので、リフォームした後の快適さが格段に変わってくるところですね。

1. 快適な素材と仕上げにこだわった水まわり

高品質なタイルを使用したキッチンは、見た目の美しさだけでなく使い心地も抜群。

また、自分のライフスタイルやニーズに合わせて機能を選べる浴室は、日々の生活がより快適になりますよ。

水まわりを最高の素材と仕上げでデザインすることで、ただ使うだけでなく、過ごす時間そのものが癒しの空間となります。

生活の一部となる水まわりの空間にこだわりを持つことで、日常がより豊かで満足度の高いものになるでしょう。

2. 防水性とメンテナンス性についての考える

特に浴室やキッチンなど、湿気が多く、水が頻繁に使われる場所では、防水性とメンテナンス性は非常に重要な要素。

高い防水性能を持つ材料を用い、専門の技術を持つ信頼のある業者に防水工事を確実に行ってもらうことで、水漏れや湿気による悪影響を防ぎます。

また、メンテナンス性に優れた設計となっていることで、日々のお手入れがしやすく、清潔で美しい水回りを長期間保つことができます。

防水性やメンテナンス性は、快適な生活環境を維持し、家全体の耐久性を保つために特に重視するべきポイントです。

3.快適な換気環境を整える

水周りのスペースは湿度が高くなり、カビや細菌の繁殖がとっても気になりますよね。

換気扇の効果的な設置はもちろん、空気の通り道を考慮した設計も考えてみましょう。

新鮮な空気が家全体を循環し、結果的に健康的で清潔な環境を維持できます。

空気の導線においては、専門知識が必要な場合があります。そのため、設計士さんに相談することも念頭においてみてくださいね。

快適な家づくりのために、工夫を加えてみましょう。

壁紙を張り替えるときは?

リビングや寝室など、生活時間が長い場所ほど、年数が経って壁紙と壁紙の間に隙間があいていると気になって仕方がなくなってしまいますよね。

また、壁紙もいろいろな機能をもったものが登場しているので、そんな機能性を求めて壁紙を張り替えたい方も多いのではないでしょうか?

1. 素材の選定

壁紙の素材は、生活をデザインする上で鍵となります。

張り替えるお部屋の性質によって、防臭や汚れ防止、湿度の調整など機能面から選ぶのも良いですね。

また、上質な素材を取り入れ、お部屋に美しさと深みを加えましょう。

2. カスタマイズされたデザイン

壁紙のデザインは、空間の印象が一気に変わります。

部屋の一面だけに、アクセントとして色が違うものをいれたり、贅沢なリーフパターンなど、カスタマイズされたデザインを選ぶことで、お部屋に独自のアートを取り入れることができますよ。

3. プロの施工にこだわる

自分たちのおうちを自分たちの手でリフォームするのはとても楽しいですが、壁紙を全面張り替えるのは、とっても時間と手間がかかります。

また、素人の手では施工が難しい壁材もありますから、最初からプロに頼むというのが美しい仕上がりを実現するためのポイントです。

自分たちでDIYしたいと思ったら、一部分だけにすることをオススメします。

早い・きれい・長持ちを願うなら、確実なプロに頼みましょう!

床材が痛んできたら?

毎日歩いたり、直射日光が当たる場所でそこだけ色が変わってしまったり、素材によっては浮いてきてしまったり。床材もリフォームの対象にする方が多いです。

床材を選ぶにも、木材、畳、大理石、タイルなどの素材がたくさんありますし、その選び方によっては、お部屋のテイストが変わります。

お部屋やおうちのテイストに合わせたものを選んでくださいね。

良い素材の床材を選

床材にどのようなものを選ぶかは、家の全体的な雰囲気を大きく左右します。

上質な木材や大理石、高級感あふれるタイルなどを床材に選ぶことで、足元から感じる豊かな質感が、室内の高級感を一段と引き立てます。

これらの素材は、快適な歩行感を感じることができますし、同時に美しいデザインで視覚的な満足感をもたらします。

その結果、上質な住空間をつくりだすことができます。

2. 暖房対応の床材を検討する

また、寒い冬に備えて、暖房対応の床材を選ぶのも良い選択肢ですね。

床暖房と組み合わせることで、部屋全体の暖房効果と足元の温かさを同時に実現できます。

これで、寒い季節でも快適なぬくぬくであったかいお部屋で家族団らんできますね。

3. デザインと機能を両立させる

床材はデザイン性だけでなく、機能性も重要。

耐久性やメンテナンスのしやすさ、さらには健康や安全性に対する考慮も必要となります。

その上で、理想的なデザインと機能を両立させることで、長期的に満足度の高いお部屋が完成します。

まとめ

以上、リフォームのリクエストが多い3か所の注意点についてまとめました。

水回り、壁紙、床材それぞれのリフォームを考えたときに気を付けたい点をまとめました。

それぞれの素材や機材も年々進歩していますし、リフォームで生活がより快適になることを願っています!

当店では、リフォーム後に床に敷くギャッベや、シーガルフォー浄水システムなど、リフォーム時に取り入れていただくとさらに健康で快適になる商品を取り揃えております。

ぜひお問い合わせくださいね♪

 » メールフォームで問い合わせる

お電話でのお問合せはこちら 0120-071-043 営業時間/10:30-18:00 定休/水曜

LINE登録でインテリア相談パソコン版LINE登録でインテリア相談スマホ版